給湯器の怪しい動き。

勝手にスイッチがオフになったり……。

「お風呂、沸きました~」
のお知らせが、
お風呂とキッチン両方でぴぴっ、と3回鳴るはずが

キレイにずれて、「ぴぴっ」「ピピッ」「ぴぴっ」「ピピッ」と、まるで声を掛け合っているかのような。。。。

それもスイッチを入れてから沸くまで延々やってる(笑)

今はまだお風呂の方はスイッチが入るし、
お湯は両方出るし、
まぁなんとかなるんだけども。

今のうちに修理をしておかないと寒くなって本格的に壊れても困る。

因みに昨日はYが
「プールみた~い」
と喜んでいたけれど。
(ぬるかったので)

夫に話したら「ついでにお風呂をリフォームしない?」という話しになった。

が。
ガス屋さんに相談すれば(リフォームもやっているところなので)絶対リフォームもした方がいい、と言われるに決まってるし……。

だれか公平な目で給湯器の修理と分けた方がいいのか、それとも一緒にやっちゃった方がいいのか、判断してくれる人はいないかなぁ。





001_convert_20170729133301.jpg
真ん中が白い丸いものは太鼓練習用の太鼓です。
Yがやぐらに見立てているのは、なんと鏡台の椅子。
バチもせっとされていい感じ?(笑)







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

公平な眼かどうかは別として、、、

こんばんわ、kaorun様。

まずは、
1、今の浴室に対して不満を持っているかどうか
2、自分たちの近い将来(老後)にどんな浴室を希望しているのか
3、自分たちだけではなく、孫、その他のゲストが追々その浴室を一緒に使うのかどうか
などを検討材料であげて見たらいかがでしょう?

1、に対しては
例えば
・床がタイル張りで目地がすぐ黒カビでやられて嫌だ
・段差があって使いづらい
など。
2、に対しては
”一日の疲れを癒したい”
”風呂にTVをつけて長居したい”
”清潔が保てれば良い”
”安全でかつ、使い勝手が良い”

など。
3、に関しては
”ジェットバスをつけて孫を喜ばしたい”
”義理母様を受け入れるなら手すりをつけたい”

など。

現状に不満がなければ、給湯器のみでOKでしょうし、
今後自分たちの老後も考えて
ヒートショックなど防ぎたいのであれば
浴室暖房付きの風呂にする、など考えられると思います。

あとは資金と今後の住宅改修の計画ですね。

と、こんなところでしょうか。。。

そうなんです!!

一応ショールームなんぞ見に行きまして……。
給湯器のあたりだけはつけました。
もう、ほんと怪しいので。

見に行って思ったのは、問題点の絞り込みができていない!!
と、まさにグリコさんのご提案のごとくでした。

特に3、
これが決まってなくては何も出来ないと痛感いたしました。
母が来るのか来ないのか、
もしかしてこの家を娘一家に譲り、自分達は他にすみかを求めるのか、母の事が片付かないと(どう片付くんだ???(笑))何も決められない、ビジョンも持てない、ということ。

夫はヒートショック予防の暖房付きはどうよ、とか言っています。
自分達だけの老後を考えれば、その辺と手すりですかね。

母のことを考えれば(自分達の将来のためにもなるけど)やはりバリアフリーに改修可能な一軒家に引っ越すとか。

長い検討期間になりそうです(笑)
プロフィール

Kaorun

Author:Kaorun
身の丈にあった生活。
その中のささやかな幸せを何よりも大切に。
そ~っと生きていこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR